晴耕雨読

いろいろな生活の情報を独自の視点で書いています!

妊娠中にインフルエンザにかかったら?胎児への影響はある?

   

妊娠中 インフルエンザにかかったら

妊娠中にインフルエンザに罹ってしまったら、どうなるの?

妊娠中は免疫力が通常時と比べて低下しやすく、細菌やウィルスに対して抵抗する力が弱まっています。

そこで家族の人などが外からインフルエンザウィルスを運んできてしまうと、そのままインフルエンザにかかってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

スポンサードリンク

妊娠中にインフルエンザ罹った場合の治療法は?

まずは本人や家族の人の予防が必要になりますが、もしかかってしまった場合は、できるだけ早く医者に診てもらうようにしましょう。

インフルエンザウィルスに感染すると、高熱となり下痢による脱水症状や食欲が大きく減退することになります。

高熱になると赤ちゃんを守っている羊水も高温になり、脱水症状や食欲減退によって赤ちゃんに十分な栄養が行き渡らないことにつながります。

そこで妊娠中にインフルエンザにかかった場合は、内服薬による早期改善の治療が最も一般的となっています。

 

インフルエンザの内服薬は胎児に影響ない?

インフルエンザ用内服薬は、胎内の赤ちゃんに影響があるかどうかという点に関しては、現在一般的に普及している内服薬であれば影響は無いとされています。

良く知られている内服薬などによる赤ちゃんへの影響は報告されておらず、服用しても問題はないとされています。

ただし、妊娠が確認されてからまだ胎児が大きくなっていない時期の場合は、自分が妊娠中であることを確実に医師に伝えるようにしましょう。

そうすることによって、赤ちゃんへの影響がない内服薬を確実に渡されることになります。


スポンサードリンク

 
また、妊娠中にインフルエンザにかかったときには、重要な事がないかぎりは産婦人科へ行くのは止めましょう。

妊娠中は免疫力が低下しているため、インフルエンザにかかっている妊婦さんが訪れると、その場にいる妊婦さんたちに広くウィルスに感染させてしまう恐れがあります。

 

妊娠中のインフルエンザはかかりやすい?

妊娠していると免疫力も落ちているので、インフルエンザにかかりやすいと聞きます。

ワクチン接種(予防接種)を受けられなかった場合は、インフルエンザにかかる可能性が高くなります。

また、妊婦さんのインフルエンザは悪化しやすい(重篤化しやすい)ことが知られているので、手洗いやマスクなどの予防対策が必要となります。

 
インフルエンザのワクチン接種については、副作用がない妊婦さん用のインフルエンザワクチンがあるので、お医者さんに相談してみましょう。

風邪を引いている熱がある時は、ワクチン接種することができませんので、体調が良い時にワクチン接種することになります。

ワクチンは妊婦さんが接種しても問題ありません、もちろん、赤ちゃんへの影響も心配ありません。

 

さいごに

一般的にインフルエンザに特効薬はありません。

渡される薬も非常な高熱になるのを防ぐためのものであり、自然とウィルスが減少し熱が下がるまでは基本的に家の中で安静にしておきましょう。

また、水を多めに飲んで体外排出作用を促すことも大切です。

 

授乳中にママがインフルエンザに!赤ちゃんの世話やお風呂は?
母(ママ)である私が、授乳期間中インフルエンザになってしまいました。薬を服用して、赤ちゃんに母乳を飲ませても大丈夫なのでしょ...

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめな記事

 - インフルエンザ

  関連記事

インフルエンザ中にお酒は飲むな!飲酒では消毒にならない?

インフルエンザにかかると高熱や下痢、脱水症状、そして大幅な食欲減退という症状があ …

インフルエンザに罹った時の食事や水分補給はどうすればいい?

インフルエンザは一度罹ってしまうと、とても辛いものです。 風邪とは違い、急に高い …

授乳中にママがインフルエンザに!赤ちゃんの世話やお風呂は?

母(ママ)である私が、授乳期間中インフルエンザになってしまいました。 スポンサー …

インフルエンザ予防の食べ物にヨーグルトは効果あるの?

冬の乾燥した時期になるとインフルエンザが心配になってきます。 スポンサードリンク …