晴耕雨読

いろいろな生活の情報を独自の視点で書いています!

インフルエンザ中にお酒は飲むな!飲酒では消毒にならない?

   

インフルエンザ お酒

インフルエンザにかかると高熱や下痢、脱水症状、そして大幅な食欲減退という症状があらわれ、基本的に家から出ないよう医師から通達されるのが一般的となっています。

一方で、お酒を飲めばインフルエンザにかからないという、アルコール消毒の作用をかたどったような話がありますが、それを証明する科学的根拠は現在まで確認されていません。

 

スポンサードリンク

インフルエンザになったらお酒を飲まない方が良い理由は?

インフルエンザにかかってしまった場合のお酒を飲んではいけない理由としては、アルコールがもつ特徴にあります。

お酒類に必ず入っているアルコールは、体内に入ると身体の水分を奪うという特徴があります。

水分が不足し活動が抑えられた細胞では、体内で増殖を続けようとするインフルエンザウィルスの活動を抑制することが難しくなります。

そのため、インフルエンザによる高熱などの症状が長引く可能性があり、高熱などが長く続いた場合、合併症などを引き起こす可能性も高くなってくるため、お酒は控えるようにしましょう。


スポンサードリンク

 

インフルエンザで飲酒したら消毒になるの?

一方で、お酒に入っているアルコールによって体内のウィルスを排除するという理由から飲酒を続ける人がいますが、できるだけ控えるようにしましょう。

アルコールによる殺菌効果は、アルコール度数が高いものでしか発揮されない点に加えて、ウィルスは鼻や喉のさらに奥などに生息します。

そのためお酒を飲んでも殺菌できる個所は口の中と喉の表面のみであるため効果はありません。

また、殺菌効果を得るにはアルコール度数が高いという条件があり、アルコール度数が高いと体内の水分を奪う率もそれなりに増加することとなり、症状を悪化させてしまう可能性があります。

 

お薬をアルコールで摂取するのは危険?

お薬と一緒にアルコールを摂取した場合、ショック死や嘔吐、ひきつけなどを起こす場合があるので、とても危険ですので絶対に止めましょう。

また、飲酒していると発熱後に、脱水症状をさらに促してしなうので、飲酒後はお酒を飲んだ量と同じ量のお水を飲んで、アルコールを緩和して下さい。

飲酒後にお薬を飲むなら、アルコールが完全に抜けてから飲む方が安全です。

 

さいごに

インフルエンザにかかって数日経つと熱が下がってきますが、平熱に近くなってきた段階での飲酒も、通常時と比べてできるだけ量を減らして飲むようにしましょう。

まだ体内にウィルスが残っているため、できるだけ早期に体外排出を行うのが先決です。

そのため水やスポーツ飲料水などを中心に飲みましょう。

スポンサードリンク

あなたにおすすめな記事

 - インフルエンザ

  関連記事

妊娠中にインフルエンザにかかったら?胎児への影響はある?

妊娠中にインフルエンザに罹ってしまったら、どうなるの? スポンサードリンク 妊娠 …

授乳中にママがインフルエンザに!赤ちゃんの世話やお風呂は?

母(ママ)である私が、授乳期間中インフルエンザになってしまいました。 スポンサー …

インフルエンザ予防の食べ物にヨーグルトは効果あるの?

冬の乾燥した時期になるとインフルエンザが心配になってきます。 スポンサードリンク …

インフルエンザに罹った時の食事や水分補給はどうすればいい?

インフルエンザは一度罹ってしまうと、とても辛いものです。 風邪とは違い、急に高い …